私たちの強み

相続対策

愛するご家族のために、一緒に実行してまいりましょう。

相続対策

相続対策を重要な順番で示すと次の3項目となります。

  • 財産をどう分けるか
  • 相続税をどのように払うか
  • 相続税をどのように減らすか

財産をどう分けるか

「財産をどのように分けるか」が一番重要なのは、相続人が複数人いる場合に遺産分割で争いとなるケースが多いためです。仲の良かった兄弟が遺産分割でもめた結果、その後疎遠になってしまうこともあります。時が経っても人間関係は元に戻らないものだというのが、私が経験で悟った事実です。それはとても残念なことです。
是非とも「遺言書」を作成しましょう!例え財産の状況より相続税がかからないケースでもこの重要性は変わりません。まだ、遺言書を書いておられない方は早速ペンを持って下書きに取り組んでみてください。「遺言書」を書く・・・財産を誰にどのように分けるかを決める・・・のがとても難しいと感じられる方が多いです。

  • ※ 配偶者の方の老後の安心の確保
  • ※ 個人事業主の場合の事業継続
  • ※ 大型の不動産など分割しずらい財産の分割

などについて、私共が話し相手になりながら、実際の分割方針を決めるケースもございます。また、財産を分けるにあたっての参考とするため、お持ちの財産を「評価」させていただきます。

相続税をどのように払うか

相続税は相続発生から10ヵ月以内に現金納付するのが原則です。その納税のための資金が確保されているかどうかの検討が必要です。そのために現状で予想される相続税の額を試算させていただきます。

  • @ 財産及び債務の内容を明らかにします(生命保険の加入状況を含む)
  • A 財産を評価します
  • B 会社のオーナー・経営者の場合、会社の財務状況(退職慰労金等の支払能力等)を検討します。

以上の手続きで相続税の額と納税資金の確保の状況を判断します。もしも、納税資金の不足が予想される場合には、相続税の延納や物納、資産の売却などの方針を立てます。無理のない納税方針が立てられればここでひとまず安心していただけると思います。

相続税をどのように減らすか

相続対策=相続税対策と捉える方もおいでです。確かに私共にとって、腕の見せ所となります。
相続税対策は相続が発生してしまったらほとんど打つ手はありません。
相続発生前に時間をかけて計画的に対策を進めていくことが重要です。
併せて、相続税は毎年改正されますので、その改正に合わせて相続税対策の見直しを行ってまいります。
「相続なんてずっと先のこと」だから「いずれ考えることにしよう」と思われている方もおられますが、早く手掛けることが相続税対策の効果を高めることになります。

Page Top