私たちの強み

税務調査

税務調査をスムーズに終わらせたい…。

会社経営者の方にとって税務調査は、3年~5年に一度のペースでやってくるケースが多く、不安に思われる方も多いです。正しい納税は国民の義務ではありますが、余計に払う必要はありません。最近の税務調査でも、申告是認はもちろんのこと、税務署の主張をくつがえす実績もあげています。このように、税理士の対応で大きく納税額が変ることになります。税理士を選ぶときには、税務調査に強いかどうかが大切なポイントの一つです。アリベルタ共同会計事務所では、必ず税務調査の立ち会いを行い、豊富な税務調査の経験から、あなたの会社を守ることをお約束します。

証憑書類の書き方に不安がある

税務調査では、税務処理の妥当性にかかる判断の根拠として、請求書や契約書、株主総会議事録などの証憑書類の提出を求められることが多くあります。請求書や受領書等の外部証憑はともかく、「株主総会議事録」「取締役会議事録」「規程類」などの内部証憑は、つい整備を怠りがちになります。税務調査において、証憑書類不備により、不利な判断を下されることもありますので、日ごろから証憑を整備しておくことが大切です。また、調査予告日時点で整備未了の場合であっても、可能なものについては、調査実施日までに補完するお手伝いをさせていただきます。

顧問税理士との連携がうまくいかず、税務調査で大変な目にあった

税務調査に際して、会計事務所がほとんど打ち合わせもせず、会社の内容についても把握していなかったことで、大変な目にあったとおっしゃる経営者さんもしばしば見受けられます。会計事務所はお客様のパートナーであり、だからこそお互いに強く信頼しあうことが大切です。アリベルタ共同会計事務所は、税務調査の際にお客様とコミュニケーションを密にし、資料などを確認・準備することで、しっかりとご満足のいくお手伝いをさせていただきます。併せて税務調査中は同席し、隙の無い対応をいたします。私たちは、お客様がご不安な時こそ、頼もしいパートナーでありたいと、常に考え行動しています。

顧問税理士が税務署のいいなりになっている

「税務調査で顧問税理士が、税務署と満足な話し合いをしてくれず、納得がいかない点があったにもかかわらず、税務署のいいなりの納税をするように顧問税理士に言われた…」。こうしたケースを聞くことがあります。アリベルタ共同会計事務所は、常にお客様の立場に立って、お客様とコミュニケーションを密にし、正しい納税を遵法しながら、妥当最小限の納税となるよう努力いたします。決して、話し合いなしに税務署のいいなりになることはありません。税務調査の豊富な経験を活かして、ご満足のいく立会いをさせていただきます。

アリベルタ共同会計事務所の提供するサービス

調査前の事前準備&当日シミュレーション

事前の準備はとても大切です。当日、想定される質問事項をシミュレートし、適切なアドバイスをできるよう綿密な相談を行います。シミュレーションをすることにより、質問に的確に答えられるようになり、不安な気持ちも緩和されます。

税務調査当日のサポート

社長様にお手を煩わせず日常業務に専念できるよう、担当者が終日対応し、調査のすべての事項についてサポートさせていただきます。調査のまとめでは税理士がしっかり対応します。

税務調査後の対応

調査においての指摘事項につきましては調査官と納得いくまで話し合い、追加納税額の軽減に全力を尽くします。また税務署からの指摘事項の改善については、お客様と二人三脚で取り組んでまいります。

Page Top