アリベルタについて

代表挨拶

代表 吉田光一郎
東京都杉並区出身
昭和56年
明治大学商学部卒業
昭和56年
公認会計士第2次試験合格
昭和60年
公認会計士登録
平成元年
税理士登録
平成3年
税理士吉田光一郎事務所開設
平成19年
あかつき税理士法人代表社員に就任
平成24年
ソーバル株式会社(JASDAQ上場)監査役就任(現任)
平成27年
アリベルタ会計事務所開設

アリベルタ共同会計事務所は、「強い中小・中堅企業の育成に貢献し、日本経済を根底から支え、豊かな生活環境を実現すること」を使命としております。

ミッション(使命)は、アリベルタ共同会計事務所が社会の中で存在するよりどころです。社会から評価される限り、存在することが許されると考えています。もし社会から評価が得られなくなれば、アリベルタは業界から去ることになるでしょう。これは、企業と同じです。アリベルタのミッションは「中小企業」に尽くすことです。中小企業に就業する人は約70%で、「日本経済」を支えているのは中小企業だと言っても過言ではないと思います。その中小企業が、経営の危機を迎えています。中小企業はそれぞれに魅力を持っていますが、日本を取り巻く経済環境はその魅力を生かしづらいものとなってきたと危惧しています。日本の中小企業は自社の経営状況を的確に把握し、経済の変化を自己の視点から認識し、正しい経営の判断を行うと共に実行すべき時を迎えています。実行するための「情報」を伝えること、これを経営者と話し合うこと、経営者がこの対話を通じて今なすべき経営の判断をし、実行すること。これにアリベルタが役立てることを望んでいます。「豊かな生活環境」これは、中小企業が「豊か」になって初めて実現します。中小企業は地元に密着して仕事をしています。「豊かな生活環境」は地元に密着した企業が元気になることで初めて得ることが出来ると信じています。以上を毎朝、朝礼で唱和して頑張っています。お客様から「会計事務所らしくない会計事務所」と評されることも多いのですが、アリベルタのメンバーはこんな事務所に愛と情熱を感じています。

人間力のある税務を目指します

アリベルタ共同会計事務所の「ミッション」を最後までご覧頂きありがとうございました。「実現しそうもない絵空事だよ…」そんな感想を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このミッションを果たそうと闘志に燃える人材がアリベルタには集っています。この場でお話すべきではないかもしれませんが、私が想像する以上に、アリベルタの情熱は根付いております。「強い中小・中堅企業の育成に貢献し、日本経済を根底から支え、豊かな生活環境を実現しよう!」毎朝、これ以上大きな声は出せないという声で真剣に唱和しています。アリベルタには、そんなスタッフが集まりました。私は、彼らのそのような意識や行動に、心から胸を張っております。だからこそ、自信を持ってこう言えるのです。「人間力のある税務」は決して理想のものではない、と。代表者として、勝手なご挨拶ではありますが、皆様の未来とご一緒させていただければ嬉しく思います。

Page Top