お客様の声

vol.2 株式会社ユナイトボード

代表取締役 坂本 恒太 様

昭和21年創業のダンボールを使ったエコでモダンな間仕切り建具のパイオニアとして、建具業界に独自の地位を築いている企業。

創造性の原動力の一つとなっているのが、月次の幹部会議です。

弊所代表 本日はお忙しいところ、わざわざお越しいただき、ありがとうございます。昭和21年創業という歴史ある会社でありながら、特殊加工のダンボールという素材を利用しての資源リサイクルや、製品開発においても、常に新しい発見を追い求めるその向上心にはいつも感服させられております。

坂本社長 ありがとうございます。夢へと挑戦し続けるというのが、私たちのモットーですからね。当社では様々な建材を開発して、住まいに自由で豊かな空間を作る創造性でお客様の支持を広くいただいております。

弊所代表 常に挑戦を続ける、その原動力はどこから来るのでしょう?

坂本社長 その一つとなっているのが月次の幹部会議です。広く意見を交わし、ここで経営判断が行われ、今後の行動指針、チャレンジが方向付けられます。吉田さんには、当社の監査役もお受けいただいており、幹部会議では会計以外にも経営に関する討議に一緒にご参加いただいていますね。いつもわかりやすいご報告と貴重なご意見が幹部会議をより一層有意義なものとしています。

アリベルタ共同会計事務所は「会計事務所らしくない」魅力を備えていますね。

弊所代表 幹部会議では、いつも大変お世話になっております。また、私どもも同時に勉強させていただいております。ユナイトボードさんを手本にして魅力あるモノを生み出せるよう、私たちもモチベーションを大いに高めております。

坂本社長 そのお言葉の通り、工夫が重ねられたアリベルタさんの月次決算報告書には魅力があります。数字から見えるものをより明確にしていただいているおかげで、管理部門の責任者だけではなく営業や製造の責任者も会社の状況がよく理解でき、これによって意識や業務改善等に対する意欲が高められているので、感謝しております。

弊所代表 そのような評価を頂きとてもうれしいです。数字は一見冷徹ですが、そこから必ず見えてくるものがあります。数字を用いながら、お客様自身よりも、お客様をよく見る。そこに問題はないか、改善点はないか。気が付いていない課題やサービスを一緒に考えていきましょう、というのが私ども基本的な姿勢であり、数字を扱うプロとしてのやりがいでもあります。

坂本社長 非常に頼もしいですね。アリベルタさんは、まるで我々メーカーが新商品を生み出すように、クライアントの目線で改良と変革を、親身になって目指してくれている感じです。言ってみれば「会計事務所らしくない」魅力を備えていますね。

弊所代表 「会計事務所らしくない」とは、面白いですね。数字からわかることはもちろん、数字以外でも、私どもの経験とネットワークを通じて何かご提案できることはないか、いいアイデアがないかといつも考えています。

坂本社長 当社もそういう会計事務所を望んでいました。知りたいのは数字だけではありませんからね。数字を扱うプロフェッショナルな目で、引き続き当社をサポートしてください。今後とも、末長いお付き合いをお願いします。

弊所代表 こちらこそ。ユナイトボードさんも、今後ますます独創性を活かして、世界に向かって魅力ある製品を発信し続けて下さい。本日は、本当にありがとうございました。

Page Top